当サイトの使用テーマ SWELL

観葉植物の枯れる以外な原因!?水のやりすぎによる根腐れ対処法

観葉植物をお部屋に飾ると、それだけで雰囲気が明るく、お洒落になりますよね。

でも正直、植物を育てるのって難しくないですか?

愛情もって育てていても、なぜか?枯らしてしまったり。

 

実は、観葉植物が枯れる原因=水分不足とは限りません。日照不足や、室温、虫など原因は様々です。

そんな中でも意外と多いのが “根腐れ” によって枯れてしまうこと。

 

私も幾度となく“根腐れ”によって、観葉植物たちを枯らしてしまっています。


そんな私が、なぜ植物を枯らさなくなったのか?

それは“とあるアイテム”との出会いにありました。

現在は安定して観葉植物を育てることができるようになっています。

まぁ、私が成長したのではなく、そのアイテムを使えば誰でも簡単に植物を育てることができるんですけどね(笑)


今日は私のように、観葉植物をよく枯らしてしまう人、水やりが苦手な人…

だけどお家におしゃれな観葉植物を飾りたい!!という方へ

お助けアイテム「pot keeper」「SUS・tee」のご紹介です。


目次

枯れる原因「根腐れ」とは?

観葉植物が枯れてしまう原因は、適切な水やりができずに起こる「根腐れ」も考えられます。

買ってきて数か月で元気がなくなってきた場合は注意が必要です。

 

根腐れは、なぜ起こる?
・水のやりすぎ
・根づまりによる酸欠
・土の水はけが悪い
・肥料の与えすぎ
・受け皿に水が残っている

 

正しい水のやり方は「鉢の底から水が出てくるまで与える」ことです。

鉢の底から流れ出た水はその都度、捨てる必要があります。

受け皿にそのままにしておくと、これが根腐れの原因になってしまうからです


しかし、水を捨てる作業は大きい鉢の場合かなり重労働です。

例えば『鉢のサイズが10号、植物の高さが150センチ』といった観葉植物を想像してみてください。

私、きっと持てません^^ 鉢って意外と重いんですよね…

 

白状します。これまで重いし、面倒だからそのままにすること…あります。これがダメだったんやね。


根腐れを防ぐお助けアイテム

私の場合たまたま、ある商品に出会ったことで根腐れ問題が解消しました。

そのアイテムとは「pot keeper」受け皿の代わりに使うアイテムです!

 

 

Amazon販売価格:2,640円 2個セット4,928円

\他のショッピングサイトより断然お買い得です/


※他の販売サイトへのリンクは、この記事最後にあります


〖pot keeperの使い方〗

写真のように、鉢の受け皿の代わりに使用します。

ポットキーパー

水やりをしたときに鉢の底から排出される余分な水が、この容器の中に溜まる仕組みとなっています。

引き出し状のトレイに水がたまり簡単に捨てることができるので、これまで面倒だった受け皿の水捨てが格段に楽になります。

 

このアイデアは画期的で、本当に便利です!!!

でもって機能面だけではなく、デザインもシンプルでお気に入りです。

pot keeperカラー 品番サイズ トレイ容量
SHELL PINKPK-R200-SP直径 200mm
高さ 57mm
350ml
FROSTY GRAYPK-R200-FG


私は2つ持っていますが、両方グレーカラー(FROSTY GRAY)を愛用しています♪

 

このアイテムのちょっと残念なところは、ワンサイズしかないところです。

“鉢の底”の直径が20cm以上になるような、大きすぎる鉢には使えません。

それでも、アイデア(機能性)と見た目(デザイン)はとても優秀なので、はっきり言って「買い」です!


根腐れが起こる原因は、もう一つあります。

それは「水のやりすぎ」です。

正しい水のやり方は「土の表面が乾いたら水をあげる」ことです。

観葉植物を購入するときにもよく店員さんから言われると思います。


でも実際、表面が乾いていても土の中はまだ湿っている(水分がある)ことはよくあり、土の表面で見分けるのは難しいです。

観葉植物の水をあげるタイミングや頻度って解りづらいですよね…。


そこで2つめのアイテム、水やりチェッカー「SUS・tee」の出番です!




SUS・tee の使い方〗

スティック状のアイテムで直接、鉢植えに挿して使います。

水やりチェッカー


丸で囲った部分に、リフィル(詰め替え芯)が入っており、水を吸い上げると色が変わります。

土の中にまだ水分があるかどうかひと目でわかるので 「水のやりすぎ」 を防ぐことができます!

植物を可愛がりすぎて、水をやりすぎてしまう人におすすめです。(私のような)


sus・tee鉢のサイズ 鉢の直径 タイトル
Sサイズ2~3号6~9cm詳細を見る
Mサイズ3~6号 9~18cm 詳細を見る
Lサイズ6~12号18~36cm詳細を見る
リフィル詳細を見る


S・M・Lのサイズがあるので、鉢のサイズに合わせて選ぶ必要があります。

私はこの2つのアイテムを組み合わせて使うことで、根腐れがなくなり安心して水やりを行うことができています。


根腐れを起こさないポイントまとめ

①鉢から排出された余分な水は、受け皿に残さない。その都度捨てる

②土の中までしっかり乾いてから、水やりをする。

 

「植物の正しい水やりのコツ」についてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください♪

おしゃれで育てやすい植物を比較

植物を育てることに慣れていない人は、育てやすい植物を選ぶことも大切です。

これまで我が家にお迎えした観葉植物で、育てやすかったもの、育てにくかったものをご紹介します。


名前見た目育てやすさおすすめ度タイトル
ソフォラ
ソフォラ ・ リトルベイビー
ポキポキした枝が特徴的
小さい葉っぱがかわいい
見た目は抜群によい
水の加減や
日光の加減が
難しい
詳細を見る
ベンガレンシス
フィカス・ベンガレンシス
葉は濃いめのグリーン
幹は少し薄めの色味で
インテリアのアクセント
になります
寒さに気を
つければ
育てやすい
★★詳細を見る
ウンベラータ
フィカス・ウンベラータ
おしゃれなカフェでも
よく見かける
どんなお部屋にも合う
観葉植物の中で人気高
初心者でも
育てやすい
★★★★詳細を見る
パンダガジュマル
パンダガジュマル
ふつうのガジュマルより
葉が丸いのが特徴
日本では珍しい
観葉植物
寒さに気を
つければ
育てやすい
★★詳細を見る
ベンジャミンバロック
フィカス・ ベンジャミン
・バロック
葉がくるくると
巻いているのが特徴
とってもかわいい
水切れが
苦手だが
育てやすい
★★★詳細を見る
※直近5年以内で育てた子たちの所見です


やはり、王道の「フィカス・ウンベラータ」は育てやすいので、私のような植物初心者の方にはおすすめです。

ウンベラータ

唯一気をつけていることと言えば、葉を剪定する際にゴムの木特有の樹液がでることです。

かぶれてしまう人もいるので気をつけましょう。


 

「ソフォラ・リトルベイビー」は、ポキポキ折れ曲がった細い枝がとてもかわいい観葉植物です。

ずっと探していてやっと迎え入れた子だったのですが、原因もわからないまま数か月で枯らしてしまった苦い経験があります。

「 ソフォラ・リトルベイビー 」 のように幹の細い植物は繊細で育てるのが難しいように思います。


その点「ガジュマル」や「フィカス」といったゴムの木の種類は、幹もしっかりしていて育てやすいです。

 

ここにテベンジャミン・バロックも「フィカス」の一種です。このクリクリの葉っぱが、なんとも言えない可愛さです!


その他のグリーンでお部屋を飾る

観葉植物以外でグリーンを取り入れる方法もあります。

日当たりの悪いお部屋や、観葉植物を置くスペースがないときにもおすすめです。

「スワッグ」を飾る

スワッグはいわゆるドライフラワーのブーケです。

中には生花のブーケを吊るしておき、ドライになる過程も楽しむことができるものもあります。

※販売サイトなどで「生花」の表記がないものは、はじめからドライフラワーで作られています。

 


ドライフラワーになれば、吊るして飾るだけでなく“そのまま”棚に置いて飾るのもお洒落です♪

スワッグはもともと魔除けや、幸せを呼ぶおまじないとして古くからヨーロッパで親しまれてきました。

最近では日本でも、センスの良い贈りものとしてとても人気です!



「エアープランツ」を飾る

エアープランツとは根がなく土に植える必要がありません。

そのままポイっと置いて飾れる、ちょっと不思議な植物です。



育て方も簡単で、週2~3回ほど霧吹きでたっぷり水を吹きかけるだけです。

葉と葉の隙間に水が溜まらないよう、ひっくり返して水をきる。これだけ守れば簡単に育てることができます。

直射日光は避けてあげてください。




まとめ

育て始めて間もない観葉植物が枯れるのは、水のやりすぎや、与えた水が受け皿に溜まったまま放置することで起こる「根腐れ」が原因の可能性があります。

 

根腐れを防ぐために
1.受け皿の水はその都度、捨てる

2.水やりは土がしっかり乾いてから

 

「植物を育てるのが苦手、よく枯らしてしまう」という方は、まずこの2点に気をつけてください。

それでも枯れてしまう場合は、他に問題があるかもしれません。

初心者の私でも安定して育てられるようになったので、よければ参考にしてみてください♩

最後まで読んでいただきありがとうございました。



よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

meview(ミビュー)管理人

高校、大学時代にプロダクトデザインやビジュアルデザインを学びDTPの世界へ進出…パッケージデザイン、ロゴやフォントに魅了される

シンプルなmonoやデザインが大好きです

このサイトでは日々の暮らしで出会った素敵なデザイン、暮らしに役立つ情報、体験談・レビュー・口コミなどを紹介しています

目次
閉じる