当サイトの使用テーマ SWELL

備え付けオーダー家具|失敗しないために絶対するべき3つのこと!

マイホームの新築や、リフォーム、リノベって人生の中でも一番大きな買い物になると思います。そんな大きな買い物はやっぱり失敗したくないですよね!

その中でも備え付け家具は、一度オーダーすると、購入した家具のように失敗しても処分して買いなおすことができません。

 

自分で好きに作れる分、リスクもあるので慎重に!

 

私のお家は、いわゆる古民家を二世帯住宅としてリフォームしています。

リフォームとはいえかなりお金はかかります。しょっちゅうリフォームするわけにもいかないので、絶対失敗しない!と心に決め、たくさん情報を集め、何度も打ち合わせを繰り返してリフォームを完成させました。

 

お家イメージ

 

こだわりたいポイントは諦めず、でもできるだけ費用は抑えようと奮闘したリフォーム・リノベ術やアイデアをまとめて紹介したいと思います。

目次

オーダーしてよかった家具紹介

テレビボード

テレビボードを作ってもらった一番の理由は、私の友人が『新居を構えて2年経つけど、まだ気に入るデザインと大きさのテレビボードに出会えてない』と言っていたからです。

たしかに、「とりあえずこれでいいか」と妥協して選んでもすぐに買い替えて処分するのも勿体ないし、大型ゴミの処理も面倒だな…と悩んだ結果、作っていただくことにしました。

完全にオープンラックにせずに、テレビコードの配線など見せたくないものを隠せるように引き戸をつけてもらいました。とってもすっきりしてオススメです!

テレビボード

カウンターキャビネット

失敗しないカウンターキャビネットをつくる時のポイントは、使用用途に合わせて作ることです。

完成した家具を実際の生活でどんなふうに使うのか、どんな家電をどこに置きたいか、家事の動線も含めてイメージすることが大切です。

備え付けキャビネット

トースターはどこに置く?ゴミ箱はどこへ置く?このキッチン雑貨はどこに収納する?といったように、キッチンスペース全体でイメージして考えました。

引き出しにどんなものを収納するまで考えておくことで、収納スペース不足という失敗を防ぐことができます。

憧れのモデルルームのように、生活感を極力抑えるためには収納スペースを多めに設けておくことをおすすめします。

また引き出しの取っ手にもこだわり、1本1本手作業で作ってられる工房さんのものをお取り寄せしました。

食器棚・トイレ収納

我が家の食器棚です。こちらもテレビボードと同様に生活を始めてすぐに使うものです。しかし本当に気に入る食器棚を見つける時間もなかったので、作ってしまうことにしました。

天井まであるので、幅は狭くても収納力は抜群です!空いたスペースはパントリーとして活用しています。

わかりづらいですが、周りの壁と馴染むように白に近いグレーに塗装してもらうことで、家具感を消しています。

食器棚

お手洗いは、デッドスペースを有効活用して、見せたくないもの(サニタリーや、トイレの洗剤など)をすべて隠せる戸棚をつけていただきました。

トイレットペーパーなど、ここに収納したい物の大きさを測り奥行を決めたのがポイントです!

トイレ収納

先ほどもお伝えしましたが、モデルルームのようにできるだけ生活感を消したい方は収納スペースの確保が大事です。

適当に収納スペースを設けると、収まりきらなかった日用品が一気に生活感を高め、後悔することになってしまいます。

失敗しない為に必ずしてほしいこと

失敗しない為に必ずしてほしいのが、理想のイメージをしっかりもつことと、そのイメージの具体化です。

クリップ

イメージ画像検索

私が一番はじめにしたことは、自分の好みに合うイメージひたすら画像さがしてクリップすることです。主にPinterest (ピンタレスト)やRoomClip(ルームクリップ)を活用していました。

RoomClipはアップされている画像で気に入ったものがあれば『その壁紙の品名を教えてほしいです』といったように直接コンタクトをとって教えてもらえるといったメリットがあります。

Pinterestのメリットはピンタレスト内でピンすることで、スマホで検索した画像をいちいちスクリーンショット保存する手間が省け、データ容量も圧迫しないでのオススメです!

私のPinterest (ピンタレスト)アカウントにも【お家づくり】関連をまとめたボードがありますので、よければそちらも参考にしてみてください。

採寸とラフ案作成(最重要)

だいたいのイメージが決まったら、どこの壁に備え付けるのか、実際の大きさはどれくらいなのかを測り書き出しました。

ここで絶対してほしいことが、実際に家電のサイズを測ることです!

例えばテレビボードをるとしたら、『そのテレビボードには何を置くのか?』を考えてみてください。

何インチのテレビを置くのか、DVDレコーダーなどの電子機器は?引き出しの中に入れたいものは?思いつくものをすべて書き出します。それらのサイズを測ります。

書き出す

置きたい物のサイズを測ることで、備え付け家具の必要な大きさが決まります。引き出しにDVDケースを立てて入れたいのであれば引き出しの高さは何センチないと入らないな…といった具合です。

市販の家具は、そういった物の大きさをある程度考慮して作られているのですが、自分で好きにオーダーできる分、そこまで考えてなかった!と後悔しないよう、しっかり採寸を行ってください。

木材の種類リサーチ

ここまでくれば最後の仕上げです。ですがここが一番の盲点。どんな木材で作るのかによって、家具の色味や見た目の印象、お部屋の雰囲気が大きくかわります。

そしてもう一つ忘れてはいけません。選ぶ木材によって『費用』がかわります。どんな木材を使うかは予算や、どんな雰囲気のお家にしたいか!を工務店さん、大工さんと相談するのがいいかと思います。

おわりに

今回は備え付け家具オーダーについて、失敗しないために実際行ったことを紹介してみました。

リフォーム・リノベを考えている方の参考になれば幸いです。質問などございましたらお気軽にお問い合わせください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

meview(ミビュー)管理人

高校、大学時代にプロダクトデザインやビジュアルデザインを学びDTPの世界へ進出…パッケージデザイン、ロゴやフォントに魅了される

シンプルなmonoやデザインが大好きです

このサイトでは日々の暮らしで出会った素敵なデザイン、暮らしに役立つ情報、体験談・レビュー・口コミなどを紹介しています

目次
閉じる