当サイトの使用テーマ SWELL

新築・リノベをする前に、計画しておきたい収納スペース問題

すっきりシンプルな暮らしをするのに、どれくらい収納があればいいかご存じですか?

家を建てた後に気づく失敗の中でも、奥様のお悩みダントツNo.1は、収納スペースの確保不足による『物が入りきらない、散らかる』問題と思います。

物が溢れ、散らかっていたらせっかく建てた素敵なマイホームが台無しですよね。

解決方法はもちろん、マイホームを建てる前に〖収納スペースの計画〗をしっかり立てることです。

美しいお部屋作りには、収納スペースの確保が欠かせません!

〖注文住宅で起こった、収納スペース不足問題〗の項目にて説明していますが、「あらかじめ用意された収納スペース」に合わせて生活するのは案外難しいものです。

収納スペースを考えるときのポイントと、実際どれくらい必要か?

私がリノベする前に行った〖収納スペースの計画〗の立て方をご紹介します。

目次

収納スペースの計画の立て方

では実際に、収納スペースの計画を立てていきましょう。

やることは簡単、3つしかありません。

STEP1:どれくらい収納が必要かを考える

収納=来客時に見せたくないもの、普段目につかないようにしたいものとして、どんなものを収納したいか?する必要があるか?を考えます。

私の場合、3人家族を想定して収納スペース計画を立てました。

自分の家族構成をもとに、一人に対し「どんなものを収納する必要があるか」を書き出しましょう。

これは失敗しない収納づくりで、最も重要な作業です。

 

あとで「しまった!忘れてた!」とならないように、何日もかけてしっかり行ってくださいね♪

 

リスト化

ペットがいる、もしくは飼う予定があるならペットシーツやフード類など案外かさばるものが多いので、ペット用品の置き場もしっかり確保しておきたいですね!

STEP2: どこに収納するかを考える

つぎに、STEP1で書きだしたものを「どこに収納すると便利か?」を考えます。

例えば「防災グッズ」を床下収納に入れてしまっては、とっさのときに持ち出す際不便ですよね?

どこに収納すると生活の動線がスムーズか?を考えて設置場所を決めてみましょう。

リスト化

STEP3: 大きさと、どんな棚が必要かを考える

「どんな物をどこに収納するか」まで決まれば、あとは“収納スペースのサイズ”を考えるだけです。

物のサイズを測り、収納スペースの幅や奥行や、棚の段数なんかを考えます。

リスト化

この3つのステップ作業で〖収納スペースの計画〗は完了です。

余談ですが収納スペース内に棚を設けるときは、こういったパーツで高さ調整を可能にしておくと便利です。

棚

注文住宅で起こった、収納不足問題

私がリノベする前に参考にさせてもらった従妹の失敗談を紹介します。

いとこは数年前に注文住宅でマイホームを建てています。

設計士さんに間取りをお任せし、打ち合わせにて収納スペース部分をしっかり確認。

「ウォークインクローゼット」「階段下の収納」「屋根裏・床下収納」があったので収納は十分だと感じたそうです。

しかし生活をはじめてみると…

・「屋根裏収納・床下収納」は普段使いできない

・実際にものを入れてみたら「ウォークインクローゼット」が思ったよりも狭かった

・設置タイプの家具には収納できないサイズのものが案外多かった

と感じたそうです。収納は多いに越したことはない!と教えてくれました。

用意された収納スペースで生活をするのではなく、自分で必要な収納スペースを用意してしまえば安心です。

なぜ収納スペース不足問題が起きるのか

家を建てるほとんどの場合、設計士さんに頼むことになります。

設計士さんはもちろん「一般的に必要な収納スペース」を提案してくれると思います。

ですがあたなの実際の暮らしを想定することはできませんよね?

 

例えば「漫画」これは、どこに収納しますか?

 

・寝室や個室

・リビングなど共有のスペース

・廊下などの空きスペース

・そもそも持っていない、置かない

私の場合、漫画が並んだ本棚は、理想とするすっきりシンプル生活の空間デザインに合わないため、隠せるタイプの本棚を購入し、さらにウォークインクローゼット内に設置スペースを設けました。

このように、漫画を所有しているかどうかや、漫画を見せて収納するのか、見せたくないのか?といった好みによって収納スペースの必要性、収納スペースの場所、収納スペースの大きさがかわるのです。

ポイント

・収納は家族構成、家族の趣味によって多様化する

・収納スペースは自分の持っているものや、好みに合わせて自分で考える!

収納スペース計画おさらい

3つのSTEPを実践する。

STEP1

どれくらい収納が必要かを考える

実際の生活をイメージして、普段見せたくないものを書き出す。

STEP2

どこに収納するかを考える

生活の動線がスムーズになるように、収納する場所を決める。

STEP3

収納スペースの大きさと、どんな棚が必要かを考える

収納するものの個数や、サイズをはかり、実際どれくらい収納スペースが必要か計算する。

この3つのことをすれば計画は完璧です。

すっきりとした快適な暮らしづくりのために、ぜひ『収納スペース計画』を立ててみてください♩

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

meview(ミビュー)管理人

高校、大学時代にプロダクトデザインやビジュアルデザインを学びDTPの世界へ進出…パッケージデザイン、ロゴやフォントに魅了される

シンプルなmonoやデザインが大好きです

このサイトでは日々の暮らしで出会った素敵なデザイン、暮らしに役立つ情報、体験談・レビュー・口コミなどを紹介しています

目次
閉じる